読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイロプラクティックセンタークローバー BLOG

カイロプラクティックセンタークローバーは藤岡にあるカイロプラクティック院です。腰痛、肩こり、頭痛、背部痛、ひざの痛み、ヘルニア、冷え性、ダイエットなどなど……。お困りの症状を根本的に改善する医療カイロプラクティック。その知識を通して、皆さんが健康で幸せになれる記事を定期的に掲載していきます。

問題行動の多い子の特徴  いま子供たちの姿勢が危ない!!

 

f:id:chiro-clover:20170406163326j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

「炭水化物抜き」という強敵に負けました(-.-)笑

 

 

季節は4月

入園式や入学式が終わり、子供たちが勉学に励み始める時期やってきました。

 

しかし、最近子供たちにある変化が見られます。

その変化とは、

授業中おとなしく座っていられない子が増えた!!

子供なのに腰痛や頭痛で悩む子がいる!!

 

という話です。

その原因やいかに!!!

 

 

(1)子供の姿勢が危ない!!

最近よく聞かれるのが子供の姿勢が悪いということ。

 

だいぶ前にピアノの発表会でピアノ演奏をしている小学2年生?の女の子を見ました。

演奏はとても素晴らしいものでした。

でもとっても残念!!

演奏が終わり、礼をして退場する時の歩く姿勢がとても悪かったのです。

せっかくの素敵な演奏もなんだか感動が半減してしまいました。

 

最近はこういった子供が多くなってます。

・授業中おとなしく座っていられない

・机に向かって字を書くときノートが曲がっている

・集中力がない

・子供なのに腰痛、頭痛に悩んでいる

・キレやすい

・よく転ぶ

・運動が苦手

 

保育園や学校で問題行動のある子がこんな症状を持っています。

これらの変化の大きな要因が姿勢にあります。

 

 

(2)子供の姿勢が悪くなる原因その1

子供の姿勢が悪くなった原因は2つあります。

1つ目が赤ちゃんの時の過ごし方です。

f:id:chiro-clover:20170406163914j:plain

赤ちゃんは未熟な身体で生まれてきます。

そのため、生まれてから段階を踏んでいろいろな変化があります。

 

まず、赤ちゃんの身体に訪れる最初の大きな変化が首が座るです。

大体生後3か月くらいに首が座ります。

 

次に来るのが座れるようになるです。

これが大体生後6~7か月くらいのこと。

 

その次にハイハイができるようになります。

大体生後7~9か月くらい。11か月くらいで始まる子もいます。

 

そして、だんだん立てるようになって歩けるようになっていくわけです。

 

実はこの成長過程の順番がとっても大切!!

 

人間の背骨はS字のカーブを描いています。

そのS字カーブを「生理的弯曲」(せいりてきわんきょく)と言います。

この生理的弯曲があるおかげで神経は背骨の中をスムーズに通れます。

f:id:chiro-clover:20170307093130j:plain

この生理的弯曲を作る作業がさっき話した「首が座る」「座れるようになる」「ハイハイする」の3つなんです。

首が座るのは、首の前弯ができた証拠。同じように座れるようになると胸椎の後弯が、ハイハイできるようになると腰椎の前弯ができたということになります。

 

赤ちゃんの背骨は生まれてすぐは未熟でやわらかいです。

そのため徐々に発達してしっかりと形作られるわけなんですが、最近歩行器を使ってハイハイしないうちに歩いてしまう子が増えています。

 

自分の子が他の子より歩きだすのが遅くて歩行器で歩く練習をさせてしまう…ということが多いそうです。

 

ハイハイしないうちに歩いてしまうということは腰椎の前弯ができないうちに歩いてしまうということ。

そうすると将来、猫背になりやすかったり腰痛になるリスクが高まります。

 

授業中おとなしく座っていられないのも腰椎の前弯が足りないので座っていることが苦手なんです。そうなる当然授業にも集中できません。

 

 

(3)子供の姿勢が悪くなる原因その2

 

もう一つの原因は結構前から言われていますがゲームの普及です。

f:id:chiro-clover:20170406164546j:plain

最近は公園に行っても、動物園に行っても、どこに行ってもゲーム機で遊んでいる子ばかり見かけます。さらにスマホタブレットの普及が追い打ちをかけました。

 

ゲームばかりしていると身体を使わないので運動神経や筋肉が発達しません。

さらにずっと下ばかり向いているので猫背になります。

 

首から肩にかけて負担が大きくなり頭痛になります。

首が悪いと自律神経が乱れやすくなり、キレやすかったり体調が優れなかったり。

目の神経は首から伸びているので目が悪くなったりと様々な不調が出ます。

 

 

(4)まとめ

町を歩くと子供の姿勢が悪くなったなとつくづく思います。

この子がこのまま大人になったらと思うとかわいそうになります。

 

タイトルに書いてしまいましたが、子供は悪気があって問題行動をしているのではありません。問題のある行動をするのにも理由があります。

身体の状態を正しくしてあげればそんなことしないのに、問題のある子と言われてしまうのもとてもかわいそうだし悔しいです。

 

でも大丈夫♪

先ほど言った通り子供の骨は未熟なので、ケアすれば正しい形にしてあげることができます。大人よりも圧倒的に整いやすいです。

 

少しでも「うちの子姿勢悪いな」と思ったらすぐにケアしてあげることをおススメします(*^_^*)

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net