読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイロプラクティックセンタークローバー BLOG

カイロプラクティックセンタークローバーは藤岡にあるカイロプラクティック院です。腰痛、肩こり、頭痛、背部痛、ひざの痛み、ヘルニア、冷え性、ダイエットなどなど……。お困りの症状を根本的に改善する医療カイロプラクティック。その知識を通して、皆さんが健康で幸せになれる記事を定期的に掲載していきます。

自律神経失調症 原因は3つのストレスだった!!

 

f:id:chiro-clover:20170404151406j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

暖かくなって眠気が続々と襲ってきます(*_*)

 

今回は自律神経について書いていきます。

神経と言えばカイロプラクティックの土俵!!

詳しくお伝えしていきます(^^)v

 

 

(1)自律神経とは?

自律神経とはひとが意識しなくても勝手に働いてくれる神経のことです。

 

腕や足を動かしたり止めたりすることは自分で考えてできますよね?

でも心臓に「止まれ!!」と念じても止めることはできません。

このように意識しなくても動いていることは全部自律神経のおかげです。

 

自律神経は主に内臓を動かす役割をしています。

刺激や情報に応じて身体の機能をコントロールしてくれます。

f:id:chiro-clover:20170404151632j:plain

しかし、これら健康な身体の機能として欠かせない自律神経が乱れることで起こる症状、自律神経失調症と診断されるひとがとても増えています。

 

 

(2)交感神経と副交感神経

自律神経には2種類あります。

 

〇交感神経

交感神経は主に日中活動するときに働く神経です。

とても働き者で、仕事、家事、運動、勉強などのとき優位に働く、身体を活動的にしてくれる神経です。

筋肉が硬くなり、心拍数が上がります。そのためどんな状況にも対応することができ、臨機応変な考え方や行動ができるようになります。

また、緊張したりストレスを感じたときにより強く働きます。

 

〇副交感神経

副交感神経は主に夜寝るときに働く神経です。

身体を休めてくれるリラックス担当。寝るとき以外にも、お風呂や食事中やゆったりしてるときに働きます。

筋肉は緩んでやわらかくなり、心拍数も落ち着きます。消化器官が活発に働き、栄養の吸収や老廃物の排出がされやすくなります。疲労の回復、ケガの修復、新陳代謝などの身体を休めるために欠かせない神経です。

 

この交感神経と副交感神経はいうなれば身体のスイッチ

f:id:chiro-clover:20170404151756j:plain

交感神経が身体をONにしてくれてやる気がみなぎりバリバリ活動できます。

副交感神経が身体をOFFにしてくれ緊張がほぐれゆっくり休むことができます。

交感神経と副交感神経がバランス良く働くことで身体は元気を保っていられるのです。

 

このバランスが崩れたものが自律神経失調症です。

 

 

(3)自律神経失調症の原因

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れたときになります。

主な症状は…

・慢性的な疲労

・だるさ

・めまい

・偏頭痛

・動悸(どうき)

・ほてり

・不眠

・便秘

・下痢

・微熱

・耳鳴り

・手足のしびれ

・口やのどの不快感

・頻尿

・残尿感

・イライラ

・不安感

・疎外感

・落ち込みやすくなる

・やる気が出ない

・ゆううつになる

・焦燥感(しょうそうかん)

・感情の起伏が激しくなる

などなど

神経が関わってくるので多種多様、肉体的にも精神的にも身体全体に不調が出ます。

 

自律神経失調症の原因はストレスです。

f:id:chiro-clover:20170404151913j:plain

このストレスは大きく分けると精神的ストレス・構造的ストレス・環境的ストレスの3種類に分かれます。

 

〇精神的ストレス

これはもう現代社会に生きる我々には合言葉のようなものですね。

分かりやすくいうと「やだな」と思うことはすべて精神的ストレスです。

「お腹がすいた」「休みが少ない」「ほしいものが買えない」「遊びに行けない」などなど。

この精神的ストレスの中でも「認めてもらえない」「自分を分かってもらえない」などの尊厳を傷つけられるストレスはより強く感じてしまいます。

今の日本は空腹や物がないなどのストレス感じる機会は減りましたが、逆に尊厳的なストレスを感じやすい環境であると言えます。

 

〇構造的ストレス

あまり知られていませんが、身体がゆがんでいるとストレスを感じます。

慢性的な症状の80%は『骨格のゆがみ』が原因!! 」でも書きましたが、神経は背骨の中を通っているので、身体がゆがむと神経がストレスを受け、自律神経失調症になりやすくなります。

また、身体がゆがんでいると精神的ストレスを感じやすくなったり、環境的ストレスの影響を受けやすくなったりします。

つまり、身体のゆがみが自律神経失調症の引き金になるのです

 

〇環境的ストレス

これは生活の中から受けるストレスのこと。

例えば、食品添加物や精製食品など身体に害がある食べ物ばかり食べる。

肌に合っていない化学薬品が入った化粧品を使う。

暑い、寒い、ムシムシするといったことまで環境的ストレスとなります。

 

 

もうストレスだらけじゃないか~!!!

f:id:chiro-clover:20170404152039j:plain

 

 

 

大丈夫(^^)v

ストレスなんかに負けない身体を作ればいいだけさ♪

 

ということで次回はストレスに負けない身体にするには!?です(*^_^*)

お楽しみに♪

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net