読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイロプラクティックセンタークローバー BLOG

カイロプラクティックセンタークローバーは藤岡にあるカイロプラクティック院です。腰痛、肩こり、頭痛、背部痛、ひざの痛み、ヘルニア、冷え性、ダイエットなどなど……。お困りの症状を根本的に改善する医療カイロプラクティック。その知識を通して、皆さんが健康で幸せになれる記事を定期的に掲載していきます。

ぎっくり腰の予防法と改善法  「魔女の一撃」を回避するには!!

f:id:chiro-clover:20170317151542j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

当院の前は通学路なのですが、真新しいランドセルを背負った小学生が通っていきます(*^_^*)なんだか温かい気分になりますね♪

 

 

暖かくなって活動的になる今日この頃。

冬の間あまり動かなかったところに急に動くと予想外の激痛に襲われることがあります。

 

ということで今回はぎっくり腰について書いていきたいと思います(^^)v

 

 

(1)ぎっくり腰とは?

正式名称「急性腰痛症」と呼ばれるぎっくり腰ですが。

腰痛の方必見!! あなたを苦しめてる腰痛の原因はこれです!!!

で書いた「原因がわからない腰痛」に分類されます。

 

定義は、腰に急性の痛みがある疾患で、関節の捻挫、筋肉の損傷、筋膜の炎症などの症状があるものをぎっくり腰と言います。

 

簡単に言ってしまうと腰への負担がピークを迎え、腰が「もうムリ!!」ってなったときにぎっくり腰になります。

 

なってしまうと身体を動かすことができず、その場にうずくまってしまいます。

その激痛から欧米では「魔女の一撃」と呼ばれるそうです。

f:id:chiro-clover:20170408175656j:plain

どのようなときになりやすいかというと、普段から腰に負担がかかっている状態で…

・中腰で重いものを持ち上げるとき

・急に体をねじる動きをしたとき

・長時間座っていたとき

・寒いところで動いたとき

・くしゃみやセキをしたとき

                    などなど

 

原因は腰痛と同じで太り気味だったり、中腰になる姿勢が多かったりと普段の生活で腰に負担をかけすぎていることです。

 

 

(2)ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰になる前に予防してもらうのが一番いいのですが、ぎっくり腰は前触れもなくおきることがあります。

腰痛などの自覚症状がないのにおきることもあるので、しっかり対処法を知っておきましょう。

 

ぎっくり腰には急性期慢性期があります。

 

急性期はなってしまってすぐのこと。痛みから身動きがほとんどとれないくらいの状態です。

そんな時にできる対処法は2つ安静アイシングです。

安静はあまり柔らかすぎないところで楽な姿勢で寝てください。

アイシングをしなければならないのでうつ伏せがおススメです。

f:id:chiro-clover:20170408175803j:plain

アイシングの方法ですが、氷を使ってください。

いろいろ試した結果氷が一番効率良く体温を下げてくれます。

氷を袋に入れタオルなどを巻いて患部に当てます。15分冷やしたら氷を離しゆっくり体温で平熱まで戻す。それを痛みが引いてくるまで続けます。

 

慢性期は急性期ほどの痛みはありませんが、まだ思うように身動きがとれません。

慢性期になったかの基準は患部を触って熱感があるかどうかです。

 

慢性期の対処法は、軽い運動温めることです。

運動は当院のホームページでも紹介している運動です。

 

〇パタパタストレッチ

硬めのところ(腰が沈まない程度のところ)に仰向けで寝てもらい、膝を立てます。その状態で左右に膝をパタパタ倒します。痛みが出ないようにゆっくり大きく行います。左右合計20回程度が目安です。

f:id:chiro-clover:20170408175928j:plain   f:id:chiro-clover:20170408180006j:plain

※絶対に無理をしないで行ってください。小さい動きでゆっくりと!!

 

温めるときはお風呂で温めてください。

ゆっくり入ることで筋肉の緊張もほぐれます。温めることで血行が良くなり回復も早まります。

 

 

(3)まとめ

文中でも言いましたが、一番大切なことはぎっくり腰になる前に予防すること!!

なってしまうと数日間何もできません。もちろん仕事も休むはめになります。

 

私の母もなったことがありますが、不幸にも入浴中になってしまい、全裸で父親に救出されるというとても恥ずかしい事件になりました(^_^;)

 

しっかりケアして魔女の一撃をくらわないようにしてくださいね(^^)/

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net

 

 

 

 

 

 

ボキボキの音の正体!! 骨を鳴らすのは安全?危険?? 

f:id:chiro-clover:20170407150631j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

 

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

自院の前の桜が満開になりました(*^_^*)

施術しながら花見ができます♪

 

今回は質問をいただいたので答えていきたいと思います。

質問の内容は…

カイロプラクティックの施術などでボキボキ鳴らすのって危険じゃないんですか?正直怖くて受けるのをためらいます。」

 

なるほど(^_^;)

確かにおんな音が鳴るのにいいイメージは持てないかもしれませんね。

 

ではしっかり答えていきたいと思います。

 

 

(1)ボキボキの音の正体は?

あなたも日常生活でクセになっているのではないでしょうか?

手をボキボキ鳴らす。

首をボキッと鳴らす。

 

「あれをするとなんか知らないけどスッキリした感じがする」といってやってしまうのでは?

 

あの音の正体はキャビテーションといって関節内のガスが抜ける音なんです。

 

僕たちカイロプラクターは骨のゆがみを見つけて正しい位置に矯正することで、患者さんの困っている症状を改善したり、健康な身体を作るお手伝いをします。

その骨を動かすときに関節内のガスが抜けボキッと音がします。

 

なので骨が鳴っているわけではないんです。

f:id:chiro-clover:20170407151117j:plain

ボキッとするとスッキリした感じがするのは気のせいではありません。難しい用語で「ゲートコントロールシステム」という身体の性質があり、簡単に言うと関節内のガスが抜けるとスッキリするんです。

 

よく巷では、骨を鳴らすときに1tの負担がかかると言いますが、そんなに負担がかかったら手を鳴らすクセのあるひとは毎日骨折してます。

 

 

ちなみに音が鳴らなくても骨は正しい位置に戻ります。

なのでカイロプラクターは鳴らそうと思って鳴らしているんじゃないんです。

正しいところに骨を動かすときに鳴っちゃうんです。

 

 

(2)ボキボキ鳴らして大丈夫?

これで骨がボキボキなっているのではないと誤解が解けたと思います。

では次の問題。とは言ってもボキボキ鳴るのって大丈夫なの?

という質問に答えていきたいと思います。

 

結論からいうと半分安全半分危険です。

 

半分危険というのはなんの専門知識もない人がいつものクセでボキッと鳴らすのは危険ということです。

 

僕たちカイロプラクターはしっかりと専門知識を学び、正しく骨のゆがみを見つけ、正しい位置に、正しい方向で、正しい力加減で矯正します。だからちゃんと改善するし安全なんです。

 

しかし、ただスッキリするからとむやみに骨を動かせば、逆にゆがんでしまったり、筋肉や靭帯を痛めてしまう危険があります。

 

なのでボキボキ鳴らすことがクセになってしまっているひとがいたらやめた方がいいです。

 

 

(3)まとめ

僕の施術院にもボキボキ鳴らすのが怖いという患者さんは来られます。

そういった方にはもちろん無理には矯正しません。

 

しかし、矯正すると瞬時にゆがみがとれ、症状が改善するのも事実。

なので矯正の説明をしっかり行い、納得してもらってから行います。

 

最初は怖がってた方も、受けてみたらビックリしたけど痛くないとむしろ気に入ってくれるひとが大半です。

 

なので今回の質問の答えは…

「ボキッという音は関節内のガスが抜ける音。専門家が行うのは安全だが、専門知識がないひとがむやみにやると危険」

となります(^^)/ 

f:id:chiro-clover:20170407164919j:plain

しっかりと答えになっていたでしょうか?

どんどん質問お待ちしています(^^)v

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net

子供が急に泣き出す原因はこれかも!? 肘内障とは?

f:id:chiro-clover:20170407092746j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

花見に行きましたが屋台にばかり目が行ってしまう今日この頃(^_^;)

 

 

今回は肘内障について書きたいと思います。

肘内障ってなに?

とまったく知られていない症状ですが、結構小さいお子さんを持つ親は経験していると思います。

 

子供と楽しく遊んでいたら急に泣き出して腕を痛がっていることありませんでした?

 

 

(1)肘内障とは?

小さいお子さんを持つご両親。

こんな経験ありませんか?

 

・公園で子供を遊ばせていたら急に泣いていた

・手を持って持ち上げたら痛がって泣いた

・鉄棒やジャングルジムで遊んでいたら痛がって泣いている

・手をつないで少し引っ張ったら泣き出した

・痛がって泣いているが原因が分からない

・転んで泣いたが、泣き方がいつもと違う

 

これらは肘内障の可能性があります。

 

肘内障とはひじが亜脱臼すること。

腕の前腕には橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)という2本の骨があります。

その橈骨をひじのところで止めている靭帯があるのですが、子供は骨が未発達なためにその靭帯から抜けてしまいます。それが肘内障です。

 

よくなる年齢は2~6歳の子供で男女比の差はありません。

f:id:chiro-clover:20170407093926j:plain

〇肘内障のときはこんな症状がみられます

・激しく痛がり、何をしても泣き止まない

・ひじを曲げたがらない、腕をあげたがらない

・痛がるがハレや赤みはない

・腕がダラーンとしている

・前腕がいつもより内側にねじれている

 

 

(2)肘内障の改善

肘内障は簡単な治療で治ります。

なのでクセになってしまっているお子さんはかかりつけの専門家にすぐ見てもらってください。

 

クセになると言っても骨の発達具合の問題なので、成長すれば自然とならなくなっていきます。

 

根本的に改善するためには骨の発育を助けてあげればいいので、骨の成長に必要なカルシウムビタミンDをたくさん摂らせてあげてください。

f:id:chiro-clover:20170407093711j:plain

 

(3)まとめ

春で暖かくなり外で遊ぶ機会も増えてくると思います。

 

肘内障は気を付けてどうにかなる問題ではないので、むしろ頻繁に外で遊んで太陽をいっぱい浴びてください。

太陽光を浴びると体内でカルシウムの吸収を助けるビタミンDが生成されるので骨が丈夫になります。

 

また、今回の症状に当てはまるからと言って肘内障だと決めつけないでください。

ひじが折れている場合も考えられます。

子供がどんなことをしていたら痛がり出したかが重要になります。

 

ケガなどに注意して楽しく元気に遊んでくださいね(^^)v

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net

 

 

 

問題行動の多い子の特徴  いま子供たちの姿勢が危ない!!

 

f:id:chiro-clover:20170406163326j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

「炭水化物抜き」という強敵に負けました(-.-)笑

 

 

季節は4月

入園式や入学式が終わり、子供たちが勉学に励み始める時期やってきました。

 

しかし、最近子供たちにある変化が見られます。

その変化とは、

授業中おとなしく座っていられない子が増えた!!

子供なのに腰痛や頭痛で悩む子がいる!!

 

という話です。

その原因やいかに!!!

 

 

(1)子供の姿勢が危ない!!

最近よく聞かれるのが子供の姿勢が悪いということ。

 

だいぶ前にピアノの発表会でピアノ演奏をしている小学2年生?の女の子を見ました。

演奏はとても素晴らしいものでした。

でもとっても残念!!

演奏が終わり、礼をして退場する時の歩く姿勢がとても悪かったのです。

せっかくの素敵な演奏もなんだか感動が半減してしまいました。

 

最近はこういった子供が多くなってます。

・授業中おとなしく座っていられない

・机に向かって字を書くときノートが曲がっている

・集中力がない

・子供なのに腰痛、頭痛に悩んでいる

・キレやすい

・よく転ぶ

・運動が苦手

 

保育園や学校で問題行動のある子がこんな症状を持っています。

これらの変化の大きな要因が姿勢にあります。

 

 

(2)子供の姿勢が悪くなる原因その1

子供の姿勢が悪くなった原因は2つあります。

1つ目が赤ちゃんの時の過ごし方です。

f:id:chiro-clover:20170406163914j:plain

赤ちゃんは未熟な身体で生まれてきます。

そのため、生まれてから段階を踏んでいろいろな変化があります。

 

まず、赤ちゃんの身体に訪れる最初の大きな変化が首が座るです。

大体生後3か月くらいに首が座ります。

 

次に来るのが座れるようになるです。

これが大体生後6~7か月くらいのこと。

 

その次にハイハイができるようになります。

大体生後7~9か月くらい。11か月くらいで始まる子もいます。

 

そして、だんだん立てるようになって歩けるようになっていくわけです。

 

実はこの成長過程の順番がとっても大切!!

 

人間の背骨はS字のカーブを描いています。

そのS字カーブを「生理的弯曲」(せいりてきわんきょく)と言います。

この生理的弯曲があるおかげで神経は背骨の中をスムーズに通れます。

f:id:chiro-clover:20170307093130j:plain

この生理的弯曲を作る作業がさっき話した「首が座る」「座れるようになる」「ハイハイする」の3つなんです。

首が座るのは、首の前弯ができた証拠。同じように座れるようになると胸椎の後弯が、ハイハイできるようになると腰椎の前弯ができたということになります。

 

赤ちゃんの背骨は生まれてすぐは未熟でやわらかいです。

そのため徐々に発達してしっかりと形作られるわけなんですが、最近歩行器を使ってハイハイしないうちに歩いてしまう子が増えています。

 

自分の子が他の子より歩きだすのが遅くて歩行器で歩く練習をさせてしまう…ということが多いそうです。

 

ハイハイしないうちに歩いてしまうということは腰椎の前弯ができないうちに歩いてしまうということ。

そうすると将来、猫背になりやすかったり腰痛になるリスクが高まります。

 

授業中おとなしく座っていられないのも腰椎の前弯が足りないので座っていることが苦手なんです。そうなる当然授業にも集中できません。

 

 

(3)子供の姿勢が悪くなる原因その2

 

もう一つの原因は結構前から言われていますがゲームの普及です。

f:id:chiro-clover:20170406164546j:plain

最近は公園に行っても、動物園に行っても、どこに行ってもゲーム機で遊んでいる子ばかり見かけます。さらにスマホタブレットの普及が追い打ちをかけました。

 

ゲームばかりしていると身体を使わないので運動神経や筋肉が発達しません。

さらにずっと下ばかり向いているので猫背になります。

 

首から肩にかけて負担が大きくなり頭痛になります。

首が悪いと自律神経が乱れやすくなり、キレやすかったり体調が優れなかったり。

目の神経は首から伸びているので目が悪くなったりと様々な不調が出ます。

 

 

(4)まとめ

町を歩くと子供の姿勢が悪くなったなとつくづく思います。

この子がこのまま大人になったらと思うとかわいそうになります。

 

タイトルに書いてしまいましたが、子供は悪気があって問題行動をしているのではありません。問題のある行動をするのにも理由があります。

身体の状態を正しくしてあげればそんなことしないのに、問題のある子と言われてしまうのもとてもかわいそうだし悔しいです。

 

でも大丈夫♪

先ほど言った通り子供の骨は未熟なので、ケアすれば正しい形にしてあげることができます。大人よりも圧倒的に整いやすいです。

 

少しでも「うちの子姿勢悪いな」と思ったらすぐにケアしてあげることをおススメします(*^_^*)

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net

 

 

 

 

 

 

春に多いうつ病  原因と対策!2つの改善方法!!

f:id:chiro-clover:20170406105810j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

春の陽気で「炭水化物抜き」との闘いが激化しております。(言い訳)

 

 

今回のお話は、なぜかこの時期に多いうつ病のお話。

原因と予防法・改善法を分かりやすく解説していきます(*^_^*)

 

 

(1)なんで春に多い?

うつ病が発症しやすい時期は春です。

 

それはさまざまな環境の変化が起こる時期だから。

卒業で仲間たちとの別れ。

進級、入学、入社などで慣れないひとたちとのコミュニケーション。

新天地での新生活。

昇進で重くなる責任。

新たに覚える仕事や勉強。

                    などなど

 

今までなじんだ環境から一転、新たなステージに変わるとき。

そんな時に希望より不安が大きくなってしまうことは多くのひとが経験していると思います。

f:id:chiro-clover:20170314103926j:plain

うつ病になりやすいひとの特徴がこちら。

・新しい環境に早く慣れようと頑張りすぎているひと

・仕事や新しい仲間とのコミュニケーションがうまくいかないことを自分のせいだと深く思い込んでしまうひと

・「自分はダメなやつだ」と劣等感を持っているひと

・悩みをひとに打ち明けることが苦手なひと

・一人暮らしのひと

・生真面目、繊細、完璧主義なひと

 

とにかくまじめで頑張り屋さんなひとがなりやすいです。

自分を追い込みすぎてしまうんです。

 

 

(2)うつ病の原因

うつ病とは簡単にいうと自律神経失調症が悪化したものがうつ病です

自律神経失調症うつ病の違いは、やりたいことがあるけど身体の体調が優れずできないというものが自律神経失調症

うつ病の場合は、そのやる気自体が起こりません。

f:id:chiro-clover:20170324140600j:plain

なので自律神経失調症の段階で予防しておけばうつ病にはならないんです。

自律神経失調症の予防・改善はこちら

自律神経失調症 原因は3つのストレスだった!!

自律神経失調症はこうやって治す!! ストレスに負けない身体の作り方!!

を参考にしてください。

 

 

(3)うつ病の改善方法

とは言っても「自分は今自律神経失調症だから予防しなきゃ」なんて余裕をもって客観的に自分を見られるひとはうつ病になりません。

 

なぜならうつ病になったひとは自分がうつ病という自覚がほとんどないからです

うつ病のひとに「なんで気分が落ち込んでるの?」と質問しても「特に理由が分からない」と答える人が大半です。

 

なのでうつ病になってしまってからの改善方法をお教えします。

 

うつ病を改善するのに大切なホルモンがあります。

別名「幸せホルモン」とも呼ばれているセロトニンです。

f:id:chiro-clover:20170318104929j:plain

このセロトニンというのは腸から分泌されます。

体内のセロトニンは95%腸にいると言われるほど!

うつ病のひとはこのセロトニンが出にくくなっているんです。

つまり腸内環境がよろしくない状態。

なのでうつ病のひのほとんどは、便秘や下痢など腸内環境が悪いときに出る症状が見られます。

 

腸につながる神経は背中の下半分くらいの背骨から伸びています。その辺りをひとに押してもらって痛いところがあったらゆがんでいる証拠です。

そのゆがみをとらないとセロトニンが分泌されづらくなりうつ病を発症しやすくなります。

 

また、姿勢も大事になってきます。

身体のゆがみが正常な機能を妨害するからです。

うつ病のひとのほとんどが猫背です。なのでうつ病を発症するひとは首こりや肩こりのひとが多い傾向にあります。

 

なのでうつ病を根本改善するなら腸内環境と姿勢を整えることが重要!!

 

 

(4)まとめ

うつ病はとてもつらい病気ですが、なったからといって悲観することはありません。

精神科に行くと「もうだめだ」「死にたい」というだけでうつ病と診断させます。

つまり、現代社会において程度の差はありますが大半のひとがうつ病ということになります。

うつ病になってしまったと悲観するそのストレスがさらにうつ病を悪化させます。

 

自律神経失調症のときも言いましたがストレスはなくなりません!

だったらストレスに負けない身体を作るしかないのです!!

 

原因不明に落ち込んでしまうというあなたは一度相談してみてください(^^)v

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net

 

 

自律神経失調症はこうやって治す!! ストレスに負けない身体の作り方!!

 

f:id:chiro-clover:20170324140513j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

お花見楽しんでますか(^^)/?

僕は相変わらず室内でゆがみと闘っています(-.-)

 

前回までのお話は、交感神経と副交感神経のバランスが健康のカギ!!自律神経失調症の原因は3つのストレス!!という話でした。

 

今回はその3つのストレスに負けない身体を作ってこうぜ!!

というお話(^^♪

 

 

(1)精神的ストレス

前回「自律神経失調症 原因は3つのストレスだった!! 」でストレスには精神的ストレス・構造的ストレス・環境的ストレスの3つがあるという話をしました。

 

結論からいうと精神的ストレスはなくなりません!!

 

人生、自分の思い通りにいかないことばかりです。

思い描いた通りにことが運んだり、うまくいくことの方が圧倒的に少ないです。

 

朝起きてテレビの占いが最下位だった。

髪をセットしたけど思うように決まらない。

電車が事故で遅れる。

職場の上司の機嫌がなぜか悪い。

ランチはパスタの気分だったのに多数決でラーメンになった。

仕事が終わらなくて残業。

毎週楽しみにしてるテレビが特番でなし。

寝るときのポジションが決まらずなかなか寝付けない。

                       などなど

 

日常生活ではこんな感じでストレスにあふれています。

これは誰でも一緒。

 

だからこんなことにいちいちクヨクヨしてちゃ心も身体ももたないんです。

 

だからと言って、

「煩悩を捨て無になれ!!」

f:id:chiro-clover:20170405100121j:plain

なんて精神論的な解決法を言うつもりはありません。

 

 

(2)身体を整えてストレスに勝つ!!

「病は気から」という言葉があります。

確かに気持ちがふさいでいるときは体調悪くなりやすい気がします。

 

でもそれって逆じゃないですか??

 

例えば風邪ひいて熱があるのに元気100倍って人なかなかいないですよね?

松岡〇造さんくらいだと思います。

 

つまり、まず体調が悪くなってそれが原因で気持ちが落ち込むんです。

 

「病は気から」を否定するわけではありません。「病気なんかに負けてたまるか!!」という気持ちはとても大事です。

しかし、「健全な精神は健全な肉体に宿る」という話の方が僕は自然だと思います。

 

前回も話した通り構造的ストレス、つまり身体のゆがみは精神的ストレスと環境的ストレスの影響を受けやすくします。

 

姿勢が悪くて下ばかり向いてると気持ちまで落ち込んできます。

逆に姿勢良くピシッと前を向いてるときは気持ちもなんだか上向きになりませんか?

これ姿勢や身体の状態が気持ちにも影響してる証拠です。

f:id:chiro-clover:20170405100346j:plain

 

(3)自律神経失調症の改善法

精神的ストレスはなくならないので、構造的ストレスと環境的ストレスをどうにかするしかありません。

 

構造的ストレスはとにかく骨格を整え姿勢を正すこと。

解決法はカイロプラクティックに通ってください(笑)

でも、冗談じゃなくカイロ以上に姿勢を整えられるところはないです。

 

環境的ストレスは暑さや寒さは自分で調節してもらうとして、問題は食べ物や化粧品など肌に直接触れるもの。

 

食事は基本外食を控えて自炊をおススメします。

コンビニの食べ物やスーパーの袋詰めにされているものには賞味期限が記載されていますよね?普通の食べ物はあんなにもちません。つまり、食品添加物が大量に含まれているということ。

食べ物が変わると身体の中から変わってきます。

f:id:chiro-clover:20170405100522j:plain

肌に触れるものは化学薬品や化学繊維を避けてください。経皮毒といって皮膚から悪いものが身体に入ってきます。成分表のラベルを見て、聞いたこともないようなものが書いてあったら調べたりそれを選ばないようにした方がいいです。

 

 

(4)まとめ

精神的ストレスは悪いことばかりじゃありません。

適度に精神的ストレスがなければ生活にメリハリができずだらけまくってしまいます。

また、「負けてたまるか!!」とがんばる気持ちや向上心が出るのも精神的ストレスのおかげです。

 

しかし、構造的ストレスと環境的ストレスが強くなるとストレスに負けてしまう身体になってしまいます。

精神的ストレスと上手に付き合っていくためにも身体と生活を整えていきましょう(*^_^*)

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net

 

 

 

自律神経失調症 原因は3つのストレスだった!!

 

f:id:chiro-clover:20170404151406j:plain

 

 

 

こんにちは!!群馬県藤岡市カイロプラクティックセンタークローバー代表のHIRATAです(^^)

f:id:chiro-clover:20170308113527j:plain

暖かくなって眠気が続々と襲ってきます(*_*)

 

今回は自律神経について書いていきます。

神経と言えばカイロプラクティックの土俵!!

詳しくお伝えしていきます(^^)v

 

 

(1)自律神経とは?

自律神経とはひとが意識しなくても勝手に働いてくれる神経のことです。

 

腕や足を動かしたり止めたりすることは自分で考えてできますよね?

でも心臓に「止まれ!!」と念じても止めることはできません。

このように意識しなくても動いていることは全部自律神経のおかげです。

 

自律神経は主に内臓を動かす役割をしています。

刺激や情報に応じて身体の機能をコントロールしてくれます。

f:id:chiro-clover:20170404151632j:plain

しかし、これら健康な身体の機能として欠かせない自律神経が乱れることで起こる症状、自律神経失調症と診断されるひとがとても増えています。

 

 

(2)交感神経と副交感神経

自律神経には2種類あります。

 

〇交感神経

交感神経は主に日中活動するときに働く神経です。

とても働き者で、仕事、家事、運動、勉強などのとき優位に働く、身体を活動的にしてくれる神経です。

筋肉が硬くなり、心拍数が上がります。そのためどんな状況にも対応することができ、臨機応変な考え方や行動ができるようになります。

また、緊張したりストレスを感じたときにより強く働きます。

 

〇副交感神経

副交感神経は主に夜寝るときに働く神経です。

身体を休めてくれるリラックス担当。寝るとき以外にも、お風呂や食事中やゆったりしてるときに働きます。

筋肉は緩んでやわらかくなり、心拍数も落ち着きます。消化器官が活発に働き、栄養の吸収や老廃物の排出がされやすくなります。疲労の回復、ケガの修復、新陳代謝などの身体を休めるために欠かせない神経です。

 

この交感神経と副交感神経はいうなれば身体のスイッチ

f:id:chiro-clover:20170404151756j:plain

交感神経が身体をONにしてくれてやる気がみなぎりバリバリ活動できます。

副交感神経が身体をOFFにしてくれ緊張がほぐれゆっくり休むことができます。

交感神経と副交感神経がバランス良く働くことで身体は元気を保っていられるのです。

 

このバランスが崩れたものが自律神経失調症です。

 

 

(3)自律神経失調症の原因

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れたときになります。

主な症状は…

・慢性的な疲労

・だるさ

・めまい

・偏頭痛

・動悸(どうき)

・ほてり

・不眠

・便秘

・下痢

・微熱

・耳鳴り

・手足のしびれ

・口やのどの不快感

・頻尿

・残尿感

・イライラ

・不安感

・疎外感

・落ち込みやすくなる

・やる気が出ない

・ゆううつになる

・焦燥感(しょうそうかん)

・感情の起伏が激しくなる

などなど

神経が関わってくるので多種多様、肉体的にも精神的にも身体全体に不調が出ます。

 

自律神経失調症の原因はストレスです。

f:id:chiro-clover:20170404151913j:plain

このストレスは大きく分けると精神的ストレス・構造的ストレス・環境的ストレスの3種類に分かれます。

 

〇精神的ストレス

これはもう現代社会に生きる我々には合言葉のようなものですね。

分かりやすくいうと「やだな」と思うことはすべて精神的ストレスです。

「お腹がすいた」「休みが少ない」「ほしいものが買えない」「遊びに行けない」などなど。

この精神的ストレスの中でも「認めてもらえない」「自分を分かってもらえない」などの尊厳を傷つけられるストレスはより強く感じてしまいます。

今の日本は空腹や物がないなどのストレス感じる機会は減りましたが、逆に尊厳的なストレスを感じやすい環境であると言えます。

 

〇構造的ストレス

あまり知られていませんが、身体がゆがんでいるとストレスを感じます。

慢性的な症状の80%は『骨格のゆがみ』が原因!! 」でも書きましたが、神経は背骨の中を通っているので、身体がゆがむと神経がストレスを受け、自律神経失調症になりやすくなります。

また、身体がゆがんでいると精神的ストレスを感じやすくなったり、環境的ストレスの影響を受けやすくなったりします。

つまり、身体のゆがみが自律神経失調症の引き金になるのです

 

〇環境的ストレス

これは生活の中から受けるストレスのこと。

例えば、食品添加物や精製食品など身体に害がある食べ物ばかり食べる。

肌に合っていない化学薬品が入った化粧品を使う。

暑い、寒い、ムシムシするといったことまで環境的ストレスとなります。

 

 

もうストレスだらけじゃないか~!!!

f:id:chiro-clover:20170404152039j:plain

 

 

 

大丈夫(^^)v

ストレスなんかに負けない身体を作ればいいだけさ♪

 

ということで次回はストレスに負けない身体にするには!?です(*^_^*)

お楽しみに♪

 

 

こんな時どうしたらいい??

こんな症状なんだけど改善方法は??

などの疑問がありましたらドンドン応えていきますので質問お待ちしております(^^)/

 

このブログを読んで下さってるあなた。

もし辛い身体の不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

必ず改善の手助けになります(*^_^*)

悩んでいるならここをクリック☞http://chiro-clover.net